わきがを治療できます

両わきをしっかりとレーザー脱毛することで、ワキガが解消されることもありますが、それでも解消されない方に対して、横浜中央クリニックはさまざまなサービスを用意しています。

肌の皮膚表面に常駐している細菌が分解されて悪臭が発生する症状がわきがです

わきがとは、肌の皮膚表面に常駐している細菌などが分解された時に発生する独特のにおいのことです。
そして、エクリン汗腺から分泌された汗によって拡散された場合、よりわきがのにおいが助長されて、どんどん悪臭が身体中に広まってしまいます。
ただし、アポクリン汗腺から分泌される汗自体にはにおいはほとんどありません。

超音波の波動を利用して汗腺を除去する治療方法が「ソノペット法」です

「ソノペット法」とは、形成外科専門医がわきが治療として有効性を認めている治療方法であり、超音波破砕装置吸引法とも言われる方法です。
超音波の波動を利用して、ハンドピースの先端部分にある金属製のチップを高速振動させることで、わきの皮下にある汗腺のみを選択的に除去していきます。
同時に、ハンドピースの先端から常に水を流すことで、あらゆる超音波振動にはつきものの熱発生を抑え、やけどを予防しつつ、破壊した感染を上手に体外に排出してくれます。

内部の組織をドクターが直接切開する治療方法が「直視下剪除去」です

「直視下剪除去」とは、わきがを根治するための最終手段的な治療方法です。
わきの中央部を4センチから5センチほど切開することで、内部の組織をドクターが直接確認しながら、ていねいに汗腺を取り除いてくれます。
いま現在確認されているわきが手術のなかで、もっとも効果的な治療方法です。
ほかのあらゆる治療方法に挑戦しても治らなかった方でも、「直視下剪除去」ならば治療できる可能性が高いです。

アポクリン線とエクリン線のはたらきをボツリヌス菌毒素で抑える治療方法が「ポトックス治療」です

「ポトックス治療」とは、身体には無害で神経節にのみ作用するボツリヌス菌毒素を利用した治療方法です。
においのもとであるアポクリン線とエクリン線のはたらきを一時的に抑えることで、汗の拡散によるにおいの助長を防ぎます。
「ポトックス治療」の効果そのものは約半年までしかつづきませんが、もっとも手軽におこなえるわきがの治療方法です。
わきがのみでなく、多汗症の治療にも用いられています。
横浜中央クリニックならば、レーザー脱毛以外にもさまざまな手段でわきがを治療できます。